パパ受験生ビジネスマン

パパなりたての受験生ビジネスマンが薬剤師国家試験合格のためのブログ

薬剤師国家試験勉強方法③ 〜習慣化が合格への最短ルート『習慣が10割』〜

『習慣が10割』:習慣が人を作っている
目標達成のプランニングで習慣化できれば最強

毎日やるの大変だな〜…

というのは習慣にすることで変えていけます!

 

ついに第3弾です。

いつまでプランニング?!と突っ込みたくなります。(泣)

すでに6回?7回?経験しているからこそ薬剤師国試が難しいと把握しているからこその葛藤です。

 

f:id:rikutonagi:20210216130106j:plain

 

さて前回ここまで考えました。

【目安】

・模試:2weekで1回→4回で2ヶ月

・過去問:1week

・3月〜10月:青本問題集 問題→理解・まとめ→問題

・11月〜12月:模試・過去問

【目標】国試合格のために

中項目83項目 1/100プランニング→0.8項目(お!?見た目の数字が下がった!)

では先ほど同様8ヶ月(240日)では→10項目(10.3項目)/月→2.6項目/週

うーん。やっぱり無理かも。時間は作らないといけない中でのこれはハードル高い。

 

仕事を辞める!のも選択肢かもしれません!これは最終手段です。

パパ ニートになる。はできるだけ避けたい…

 

ここで選択肢は

●期間を伸ばす;10月まで(240日8ヶ月)→11月?12月?

●問題を絞る;83項目→〇〇項目

 

両方検討してみます。

まずは合格のためのDOを減らす(精度を上げる)

問題を絞る;83項目→67項目

 過去5年以上出題問題が0の範囲は削除、中項目で少ない項目は小項目に落とし込み、中項目を2つで1つにと減らす。

 出題傾向の多い領域に時間を割くという考えです。

期間を伸ばす:11月まで(270日9ヶ月)

 ビジネスでも期間が1ヶ月というのは大きな損害になりますが、ゴールのためには精度が重要な場合もあります。

 今回はただこなすだけでは合格できないので、アウトプットを目標に精度を優先します。

 あれ?1ヶ月1科目単純計算と同じ期間(笑)

 

【目標】国試合格のために

中項目67項目 1/100プランニング→0.67項目 数字的にはいけそうな雰囲気

9ヶ月(270日)に変更→7.4項目/月→1.86項目/週→0.26項目/日

つまり平日5日間で1項目、土日で1項目プラス復習ができれば何とかクリアできるのでは?

 

今のやる気ならいけそうな気がする。土日も仕事入るからな〜なんて言ってられない。

うん!これで進めよう!!

さて次に進みます。プランニングでどこまで続くのか(笑)

 

ここで少しビジネススキル!

◼️行動ハードルを下げたら『習慣』へ

「やる気」→「行動」ではなく「行動」→「やる気」がやる気がでる流れであることは過去記載しました。

この行動についてできるだけハードルを下げる1/100プランニングを今回取り入れました。

ここで終わってはいけないのが「行動」を起こす上で重要です。

 

決めた時には目標〇〇まで!と具体的に決めたつもりでもいざというときは実践できません。

なぜか?行動までにハードル・曖昧な部分があるからです。

「他にやらないといけないことが」「疲れたし明日に回そう」「えーと今日は何をしないといけないんだっけ?」

 

こんな状況を避けるためには

『何時に』『どこで』『何を』まで決めることが大事になります。

『21:00〜22:00 リビングの机で薬理の循環器疾患』まで決めれば、これを最優先事項と決めることができます。

100%ではないですが、自分の中のスケジュールを確実にブロックすることは大事なことです。

ビジネスでアポが入ったところに別予定を入れることはしません。同じ環境を作ることが大事、加えて『習慣』になれば本当に楽になるはずです。

この場所では〇〇をすると決めるのが良いですね!

『習慣』については今後も触れていきます。

 

『習慣が10割』:習慣が人を作っている
目標達成のプランニングで習慣化できれば最強