パパ受験生ビジネスマン

パパなりたての受験生ビジネスマンが薬剤師国家試験合格のためのブログ

薬剤師国家試験 予備校か独学か? 独学を選択した理由とこれまでの経験

結論:独学と予備校の両方で実施!

 
薬剤師国家試験落ちたらほとんどの人が予備校に行くと思います。
これまでの記事では独学前提でプランニングを記載しておりますが、予備校も活用しますのでそちらについて記載します。
私も仕事がなければ、間違いなく予備校に通ってます。

f:id:rikutonagi:20210216134923j:plain

 
今まで記載した通り、薬剤師国家試験は範囲が広すぎる!!
予備校はプロが合格のために最大限工夫をして授業など行います。
基本は通学しながら4月、6月、9月などスタートタイミングも複数、加えてオンライン授業、オンデマンド配信、日曜授業本当に様々選択肢があります。
 
私が現役の時は大手2社・3社だったのが、予備校数も増え、大手は教室を増やすとブルーオーシャン!
ひと昔、薬剤師のニーズが高まり新設薬学部が増加、薬学生の増加で予備校は飽和。
国試終わると大手予備校は満員で予備校入校ができない!!との状況に!
 

◼️どこの予備校が良い?

話はそれましたが、予備校はプロが合格のために実施!
ではどこの予備校が良い?
私も大手含め4社、5社ほどいろいろな形でお世話になりました。
通ってはないのですが、現役時代の授業、オンライン授業・模試・短期講座・やまかけなど。
 
結論:大手が良い!
 
どの業界でも大手が必ず良いわけではないのは事実です。
しかし、大手はデータが豊富・マンパワーも豊富なため、解析力・予想力などは強い!
「人」「金」「物(データ)」はやはり大手が強い。
模試の精度、やまかけの精度が高い!!!
これは大事なポイントです。
 
残りは交通便・好みの講師・戦友
 
通学の人は移動時間が短く、楽な方が絶対良い。
できるビシネスマンも仕事場からできるだけ近くに住む!
移動時間がもったいない、渋滞・電車ストレスが減らせるなどなどメリットは山ほど。
 
どの予備校にも看板講師がいます。
その講師がいる教室にいきましょう!
ただ注意点として、その講師が来ない教室もありますので、その点はご確認を。
 
一緒に頑張れる友人がいるのは大切です。
合格しないと薬剤師はできないので、切磋琢磨できる戦友はいたらより良いです。
お昼休みなど少し会話でリフレッシュできます。
仲が悪い、一緒にいてストレスになる人とは別予備校にしましょう。
 
※ここ数年でできた予備校も規模は小さくても少数精鋭・講師と生徒の比率が良いなど
 合格率を上げるため手厚いサポートなどあります。
 
自分が何を求めるのか?優先順位は何か?を考えましょう。
企業選びは人生の大きな選択肢です。予備校選びは合格したら終わりですので気軽に考えましょう。
 

◼️なぜ独学中心??

さて予備校の話を書きましたが、今回私が、「独学」を中心にした理由を紹介します。
    • 時間制限がある
    • 受け身になる
    • 過去の失敗(○○○万円)
上記3点が大きな理由です。
 
〜過去の失敗例〜
①1年目、予備校オンライン授業の申し込み(〇〇万円)
数十万!通えば100万オーバーなので仕方ないと言えばそうなのですが。
これは普通の通学する予備校生と同じボリューム。
オンデマンドが溜まっていき全部見ることすらできませんでした。
 
②2年目、予備校オンライン週1・2授業(〇〇万円)
これも結構なお値段でした。十万単位での支出。受かるためなら…
 
ポイントを絞ってくれると期待して、視聴。
ただ、内容によってはポイントをさらり…。「ここは大事だから見ておいて!」
いや、時間内に全部やってほしい。
無理か〜。
アウトプットが足りず消化不良。
 
〜結論〜
全然自分の知識になってない!
アウトプットできてない!
 
③模試、問題集中心に勉強。
こうなればアウトプットだ!と演習中心に。
今日やろう、明日やろう、テキスト重いから持ち運びにくいなー
全然勉強進まず不合格 論外!!
 
色々経験しましたが、1番は仕事を辞めて予備校に通う!
同じ境遇の友人も仕事辞めて6月から予備校行って受かりました。
 
「パパ ニートになる。」

f:id:rikutonagi:20210216143852j:plain

とは簡単にできないので今回は…
 

●問題演習アウトプット中心に<独学>
●模試は予備校の実施<予備校>
●短期講習<予備校>
●直前・やまかけ講座<予備校>

 

・模試は大手2社ので5、6回分

・短期講習は苦手分野、理解不足の範囲、知識の再確認のためなど目的を明確に必要なものを
・直前講習は苦手科目中心、やまかけは大手2社できれば…
 

『アウトプット大全』

小学生、中学生に教えられるほどの内容でアウトプットできれば自分の知識になってると言えます。
「なんで?」「これは何?」を繰り返して説明できるように!
ただ、予備校講師になるのが目的ではないのでほどほどにしていきます。
 
量が多いからインプット!に走りがちに、数年を過ごしましたが、今はほとんど抜け落ちてます。
今記憶に残っているのはアウトプット中心にした問題、反復しまくった内容一部です。
アウトプットを中心に進めていきましょう!